交流移住のススメ

将来田舎暮らしをしたい人のためのサイト

交流移住のススメ

田舎暮らしと聞いて、リタイヤ後に余生を田舎で暮らすことかと思っていたが、もっと手軽なパターンがあることをこのサイトで知った。

「交流移住」とは、都会に住む人が、都会と田舎の両方に滞在したり、居住する場所を確保したり、それぞれを使い分け地元の人たちと交流を楽しむことを指している。
そのため、滞在方法も、短期滞在・長期滞在、ほぼ定住、往来、研修・田舎支援というパターンに分類される。
この滞在方法と地域名を使って検索すると、目的に合致した住居や施設、サービスを調べることができる。
例えば短期滞在型である「ちょこっと」で関東地域を調べると、群馬県のそば打ち体験や味噌作りといったプログラムが表示される。

また、リタイヤ後の定住先やセカンドハウスを見つけようと思えば、ほぼ定住型である「どっぷり」で、各地域の「空き家」情報へのリンクが表示される。

プチ田舎暮らし派も、田舎に骨を埋めたい派にも役に立つ情報を、総合的に得ることができる。

交流移住のススメ

posted by SHU at 13:57 | 好評サイト

DataRecovery

ゴミ箱から削除しても強力復元

DataRecovery

大事なファイルを誤ってゴミ箱へ!更にはゴミ箱も空にしてしまった!
こういうことはパソコンに慣れていても意外に起こりやすい。
だが、たとえゴミ箱を空にしても、パソコンから完全に消えて無くなるわけではないので、ご安心下さい。
復元ソフト『ataRecovery』を使えば、削除されたファイルを元通りに復元することが出来る。

復元するときは、まず、画面左側のドライブ一覧から復元したいファイルのあるドライブを選択。次に、「スキャン」をクリックすると検索を開始し、削除されたファイル一覧が表示される。該当のファイルを選択して「リカバリ」を実行すればOK!

尚、Windowsの機能による圧縮/暗号化(NTFS圧縮/EFS暗号化)ファイルも復元可能。

更には、二度と復元できないよう消去する機能まで搭載されており、一粒で二度おいしい。

DataRecovery


DataRecovery
posted by SHU at 21:49 | データ操作(復元・削除)

窓立て2

XPをフリップ3Dライクに表示

窓立て2

Windows Vistan標準搭載されているフリップ3D機能のように、ウィンドウを立体表示できるソフト。

同一ソフトのウィンドウを最小化すると、ブループ化されたり、アクティブにしたいウィンドウがどれか分からなくなり、結局前ウィンドウを開いて確認することがある。

そんな時は、「窓立て2」を利用すると、立体化されたウィンドウにタグが付く他、内容も表示されるため、いちいち開いて内容確認をする必要がない。
優先度の低いウィンドウを立てておくことで、沢山のウィンドウを開いて作業すつとき、最小化しなくとも画面を広く使えるのだ。

立体化したウィンドウは透明度を設定できる他、傾き角度や位置なども自由に変更できる。また、優先度の高いウィンドウは、立体化から除外する設定にしておけば、更に便利に使える。

インストールしないタイプなので、常駐する場合は、スタートアップへコピーしておこう。


窓立て2

窓立て2

posted by SHU at 13:42 | PC効率化方法

Lupina

XPのデスクトップを強力にカスタマイズ

Lupina

Lupinaはデスクトップ上での便利な機能を提供する総合ツールです。
テーマという管理単位により、様々な形の表示を実現しています。
Lupinaの機能は、主に以下の3機能により構成されます。
・デスクトップ上に様々なツールを表示する
・クリップボード拡張機能・メモリ掃除機能やメールチェック機能等の付加機能
・Windowsの操作を快適にする補助機能


Lupinaでは、以下のツールを表示させることができます。
これらのツールは自由に追加・削除を行うことが出来ます。
・フレーム(任意の画像表示)
・アナログ時計 / デジタル時計
・CPU/メモリ/HDD/ネットワークの使用状況(グラフ・メーター等)
・カレンダー
・アプリケーションランチャ(アイコン/メニュー/コマンドライン)
・Lupinaの各機能へのアクセスボタン
・ファイル内容のテキスト/イメージ表示 また内容に連動したWebへのリンク
・他ツール内容を加工して表示するレンダリングツール
・ユーザーが独自に作成したウィンドウ(プラグイン)


付加機能として、以下の機能を使用することが可能です。
・Lupinaへのアプリケーション自動登録機能/自動登録除外機能
・アプリケーションプロセスのパス付きリスト表示
・アプリケーション・プロセスのシャットダウン、各プロセスの情報取得/操作
・パス名による特定アプリケーションの起動有無監視・通知
・全・各ウィンドウの縮小・リストア
・メールチェック・定期チェック機能
・スケジュール機能
・スクリプト実行機能
・クリップボード拡張機能
・システムメモリ掃除機能


Lupina/Windowsを快適に操作することを目的に、以下のシェル拡張機能を搭載しています。
各機能毎にOn/Offの切替が可能です。
・エクスプローラの余白ダブルクリックで上のフォルダに戻る
・Tabキーでエクスプローラのリスト表示内容・整列順を変更
・ホイールクリックでエクスプローラのアイテム選択状態を変更
・ファイル名変更時に拡張子以外を自動選択
・ホイールスクロール時アクティブ状況にかかわらずカーソル下のウィンドウをスクロール
・タイトルバーをCtrl右クリックで指定ウィンドウを常に最前面表示に
・ホイールクリックによるウィンドウ最小化機能
・サイズ変更時にダブルクリックで縦方向に最大化
・デスクトップの余白ダブルクリックでランチャメニュー表示
・カーソル下ウィンドウの透明度変更(Ctrl+Win+マウスホイール)
・スタートメニュー・ツールチップ・メニューの透過表示機能
・追加切り取り・コピー機能
・ウィンドウの拡張メニュー表示
・名前を付けて保存ダイアログの名称入力補助
・Capsキーでのマウスエミュレート機能
・ダイアログ位置の復元機能
・ダイアログ表示時のカーソル自動移動
・ウィンドウ格納機能
・ホイールによるウィンドウサイズ変更機能
・はみ出たウィンドウを画面内に戻す機能
・ホイールスクロール加速機能
・ホバースクロール機能
・ウィンドウの透明度自動調節機能

ウィンドウの拡張メニューからは、以下の操作が実行できます。
・登録済みフォルダを開く/移動
・常時最前面表示切り替え
・表示をタイトルバーのみ、状態復帰の切り替え
・ウィンドウをLupinaへ格納
・一部ウィンドウスタイルの変更
・ウィンドウの透明度指定・透明色指定
・ウィンドウのタイトル名・クラス名のコピー
・ウィンドウ内容(画像)をコピー・ファイルへ保存
・実行ファイルをLupinaへ登録、フォルダを開く、パスをコピー
・プロセスのメモリを解放
・プロセスの優先度を変更
・ウィンドウ位置の記憶・呼び出し・自動配置機能
・各エクスプローラ補助機能
 - 指定された単語を含むファイルのみ選択する機能
 - 指定されたファイルの一括名称変更
 - フォルダ内容出力(ファイルリスト・統計)

Lupina


Lupina1Lupina2
posted by SHU at 11:25 | PC効率化方法

オーマイニュース

鳥越俊太郎が編集長を務め、一般市民記者が記事を書くニュースサイト

オーマイニュース

オーマイニュースは、そもそも韓国で始まった市民参加型のネット新聞である。韓国では、大統領選挙に影響を与えたというほどの影響力を持っている。

記事は、一般市民が書いたもの。自分の身近に起きた事件や事故、出来事などを市民の視点で記事にしたものだ。それを、オーマイニュースの編集部が編集・校正して掲載する仕組みになっている。
寄せられた記事は、編集部が事実確認を行っているので、まったくでっち上げのウソが掲載されることはない。

ローカルネタが多いかと思うかもしれないが、そういうわけでもなく、新聞と同じように大きな社会問題や事件について掲載されているようだ。
また、プロのライターが書いたコラムもあり、読み物としての価値もありそうだ。

オーマイニュース

ohmynews

posted by SHU at 16:16 | 好評サイト

gooラボ エリア情報検索実験

目的地までのドライブルートや徒歩ルートを簡単に検索表示

gooラボ

地図と言えばGoogleMAPが超有名だが、そのGoogleMAPにルート検索機能を付加したものが「Gooラボ エリア情報検索実験」と言ってもいいだろう。
地図表示は、道路地図と衛星写真の切り替えが可能で、マウスによるドラッグで地図がスクロールする。これがGoogleMAPと同じである。

ルート検索機能は、出発地と到着地を指定すると、ドライブルートである「自動車ナビ」と、徒歩ルートである「歩行者ナビ」を検索することが出来る。
検索条件は、自動車ナビが、一般道路か有料道路の優先と、直進優先かどうかと、渋滞予測をするかどうか(移動時間帯入力で変化する)が設定できる。
歩行者ナビでは、距離優先、時間優先、楽な道優先、地下道。屋根のある歩道優先が選択できる。

いまやカーナビが標準装備している自動車がたくさんありますが、事前にネットで調べておくと尚スムーズに目的地へ行けるのではないでしょうか。

gooラボ


goolab
posted by SHU at 09:45 | 好評サイト

フォルダーシェア

遠隔地のPCとのファイル共有サービス

フォルダーシェア

Windowsの機能であるリモートデスクトップには、遠隔地のPCを操作できるだけでなく、HDD上のファイルを双方向へ転送することが出来る。
例えば、会社のPCに保存されているファイルを手元のPCで利用したいというときに便利である。

これは、Microsoftが提供するファイル共有サービスを利用する。予め遠隔地のPCに専用ソフトをインストールしておけば、手元のPCから各フォルダーにアクセスし、ファイルをダウンロードできる。
「LogMeIn」と併用すれば、リモトデスクトップと同等の機能を実現できる。

更に、この機能の利点は、MACユーザにも使えるということ。

フォルダーシェア


FolderShare
posted by SHU at 13:51 | リモートアクセスツール

LogMeIn

面倒な設定をせず、会社や自宅PCをリモートアクセス

LogMeIn

WindowsXPには、離れた場所にあるPCをインターネット経由で操作できる「リモートデスクトップ」という機能がある。
会社のPCメールを自宅でチェックしたり、会社のPCにしかインストールされていないアプリを自宅で利用したりと、何かと便利ではあるが、IPを指定したりするなど、設定方法は少々面倒くさい。

 「LogMeIn」は、そのリモートデスクトップとほぼ同等の機能を実現するWebサービスである。しかも、操作はいたって簡単!

ますユーザ登録を行い、遠隔地から操作したいPCに専用クライアントソフトをインストールし、起動させておく。
そして、外出先のPCで「LogMeIn」のサイトにアクセスして、予め登録しておいたメールアドレスとパスワードでログインすれば、遠隔地のPCデスクトップ画面がブラウザー上に表示される。
つまり、メールアドレスとパスワードを持っていて、ブラウザーでサイトが見られる環境さえあれば、自宅や会社はもちろん、外出先でのノートPC、ネットカフェやマンガ喫茶からも、離れた場所のPCを操作することが出来る。

遠隔地のPC操作方法も非常にシンプル。キーボードやマウスの使用は、手元のPCとまったく同じ感覚で利用できる。Ctrl+Cなども使える。

LogMeIn


LogMeIn
posted by SHU at 11:31 | リモートアクセスツール

livedoor Reader

BLOGやNewsの更新を教えてくれるRSSリーダーの定番

livedoorReader

事件やトピックスが起きる度に公開されるブログやニュースサイトの更新時期を知るのは至難の業。
毎日チェックしていても、見逃した何ていうことも、しばしばあるのではないでしょうか。
そんな人に使って欲しいのが、いわゆるRSSリーダーというWebサービスである。

ブログや一部のニュースサイトでは、記事を更新する度に、そのタイトルや概要をRSSというデータを配信している。RSSリーダーは、その名の通り、このRSSデータを読み込むサービスとなる。
好みのブログやニュースサイトを登録しておけば、RSSデータの更新状況を常時チェックし、新着記事を発見すると、ブラウザー上にタイトルと内容を表示してくれる。
このサービスにさえアクセスすれば、もう最新情報を見逃すことはない!

現在、RSSリーダーのサービスは数多く存在するが、中でも特にお勧めなのが、この「livedoorReader」である。
一般的なRSSリーダーは、大量のブログやニュースサイトを登録していると、それだけ読み込むRSS情報が増えるため、動作が遅くなりがちになる。しかし、「livedoorReader」は、サービスにアクセスした時点で、登録してある全てのブログやニュースサイトのRSS情報を先読みし、ブログ名をクリックした瞬間、更新のあったタイトルと内容を表示してくれるため、軽快に新着記事をチェックすることが出来る。


livedoorReader

livedoorReader
posted by SHU at 10:25 | 番外編

マイスペース(SNS)

会員数が1億人を超える世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス

マイスペース


ここ数年、日記などを通じて現実の友達どうしがコミィニュケーションを図れるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が大きなブームを呼んでいる。国内でSNSと言えば『mixi』が有名だが、06年11月から黒船ともいうべきサービスが上陸した。それが、ソフトバンクの『マイスペース』だ。

同サービスは、海外で1億2500万人が登録する世界最大のSNSである。『mixi』とは異なり、既存ユーザからの招待がなくても登録できるオープン型を採用する。そのため、誰でも自由に参加することが出来るのだ。
『マイスペース』の最大の特徴は、音楽機能にある。インディーズやアマチュアはもちろん、そのユーザ数の多さから、大手レコード会社もプロモーションの場として、有名ミュージシャンの楽曲やプロモーションビデオを無料公開している。『マイスペース』で公開した楽曲が注目され、メジャーデビューしたミュージシャンがいるというから、その注目度の高さと、ラインアップの充実ぶりはわかるだろう。

もちろん、一般的なSNSが備えるブログ形式の日記機能や、友達とメールのやり取りができるメッセージ機能、特定のテーマに興味を持つユーザ同士が情報交換できるコミュニティ機能なども搭載している。また、『mixi』と違い、自身のプロフィール画面の壁紙やボタンは、自由に編集できる。好きな画像や動画を貼り付けて、個性豊かなページが作れるのも大きな魅力だ。

前述の通り、現在、国内で会員700万人超の『mixi』が圧倒的な人気を誇るだけに、これからは『マイスペース』の時代だ!と断言はできない。だが、世界で億単位のユーザをようする同サービスが『mixi』のライバルになるのは間違いない。また、今後は携帯電話や『Yahoo』など、ソフトバンクの他のサービスとの連携も予定されている。誰でも登録できるので、その世界を体験してみても絶対に損はないだろう。

myspace.JPG
posted by SHU at 23:05 | SNS

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。